流行のフレーバーウォーターを楽しもう|天然水を使ったウォーターサーバーでお客様の快適な生活を支えます!

送料無料0

最短お届け7

お申し込みはこちらから

MENU

おすすめの特集

10月9日(月)まで!全員プレゼントキャンペーン実施中!
フレシャス人気No.1!7.2L軽量パックで交換簡単!
フレシャス最新!グッドデザイン賞受賞モデルSlat

流行のフレーバーウォーターで夏をのりきろう

フレシャスで簡単においしく作れるフレーバーウォーター
おすすめフレーバーウォーターレシピ

海外での人気から火のついた最近話題の「フレーバーウォーター」。お水に少量の果物やハーブなどを加えたフレーバーウォーターは、見た目がきれいなだけでなく、デトックスウォーターとして美容にもよいスグレモノです。今回はフレシャスの天然水をより楽しめるレシピをご紹介します。

お申し込みはこちらから

フレシャスで簡単においしく作れるフレーバーウォーター

フレーバーウォーターとは?

主に香りを楽しむために、果物や野菜、ハーブ、スパイスなどの風味をつけたお水です。中でも生のハーブで砂糖を使わずに香りを活かしているものは、お料理との相性抜群。おもてなしにも活躍してくれます。

カラダにいい天然のチカラがある果物や野菜はみんなハーブ

フレーバーウォーター

最近大人気のフレーバーウォーター。水にほんの少し香りや味をつけたペットボトル商品や、カフェで生ハーブやフルーツをふんだんに使ったドリンクも増えています。お家にフレシャスがあれば、おいしく安心な水がいつでも手に入るので手軽に作れます。さらに自分好みの果物やハーブなどで作れるので、体調や気分によってもレシピを変える楽しみも。
レモンやライムをちょっと絞るだけでもできるけれど、どうせなら、カラダや美容におすすめの、夏向けのフレーバーウォーターについて、JAMHA認定ハーバルセラピストの長谷川さんにお話をうかがいました。


ハーブティ

「フレーバーウォーターは生の果物やハーブ、ドライハーブなど、材料によって楽しみ方がいろいろ。ハーブは近年、メディカルユースが注目されていて、健康や美容など『カラダに役に立つ香りのある植物』として取り入れられています。
冷たい物をたくさん飲む夏におすすめなのは、体を冷やしすぎないハーブ。例えばハイビスカスは冷たくして飲んでも体を冷やしすぎず、クエン酸が多く含まれていて夏の疲れにおすすめです。また、冷感や涼感を感じるミントはさっぱりと飲めます。ミントは香りを嗅ぐだけで体感温度が下がるというデータもあり、ホットで飲んでも爽やかさを感じられます。
汗をかく季節は、ミネラルたっぷりで南米では『飲むサラダ』と呼ばれているマテ・グリーンを。また、ダンデリオン・バードックスのハーブコーディアルは、おなかを壊しやすい人や、便通やむくみが気になる人にもおすすめです」


コーディアルドリンク
コーディアルドリンクも!

コーディアルドリンクとは、英国伝統のハーブや果物のエキスを抽出したノンアルコール飲料。飲みやすくシロップに漬けられたものもあり、お水やお湯、炭酸水で薄めて、おいしく手軽に、ハーブのパワーと味わいを楽しめます。

ドライハーブ
ドライハーブを使った
アイスハーブティーもおすすめ

ハーブティーはお湯やお水を使って、ハーブの水溶性成分を取り出す方法。お湯で抽出し、氷に注ぐことで爽やかな夏向けの冷たいハーブティーの香りや色を楽しむことができます。

お申し込みはこちらから
長谷川先生に聞きました。毎日続けるためのQ&A
質問1
1日にどれくらい飲めばよい?

フレーバーウォーターはお好みで飲むものなので、特に決まりはありません。夏は特に汗をかいたり、熱中症予防にも水分はこまめにとった方がよいでしょう。水分を頻繁にとって排出することはデトックス効果もあります。メディカルとしての考えでは、ハーブの種類によって適量は変わります。ハーブを楽しむ場合は150~200㏄のお水に約3gのハーブを入れたものを1日3~4回飲むことがおすすめです。

質問2
材料はどんなものがよい?
体内に取り入れるので、果物もハーブもオーガニック(有機栽培)のものを、またハーブティーは商品名だけでなく学名(植物学的な名称)が記載されているものがおすすめです。
質問3
どんなときに飲めばよい?
ハーブの成分は約6時間で体外に排出されると言われています。お食事の前後を基本に、朝昼晩など、1日に何度かに分けて飲むことをおすすめします。

長谷川麻美さん
interview
生活の木 広報担当 長谷川麻美さん

日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト。ハーブとアロマテラピーの専門店「生活の木」で広報を担当するかたわら、同社のハーバルライフカレッジの講師としても活躍中です。

おすすめフレーバーウォーターレシピ
お申し込みはこちらから お申し込みはこちらから