スラットのコンセプトについて

丁寧な暮らしのために、愛着のあるものを

陶器のようなマットな質感のウォーターサーバーから、
キラキラと美しく光る水がグラスに注がれる―――。
こぽこぽとグラスに溜まるこの水は、遠い昔に富士山の地表にあった雪どけ水。
長い年月をかけて地下に浸透し、大地に丁寧にろ過されて、ここにたどり着きました。
ひとくち、ひとくち、ゆっくり確かめるように飲んでみると、
からだ中にさらさらと染み込んでくる……。
自分が口にするもので、自分のからだが作られていることを実感する、
そんな生活のワンシーンです。

自分にとって大切なモノや時間を愉しみながら、時を重ねる

たくさんのモノに囲まれ、せわしなく日々を過ごしていると、
ついそんな何気なくも大切な瞬間を、見落としてしまいがち。
五感で愉しむということを、忘れてしまっているのかもしれません。
「丁寧な暮らし」を送る――それは多くのモノに囲まれ、常に目新しい刺激を
受けて生活することではなく、自分にとって大切なモノや時間を愉しみながら、
時を重ねるということなのではないでしょうか。

長年愛用しているソファに深く座って、穏やかに呼吸をする瞬間。
お気に入りの音楽を聴きながら、ふとカーテン越しに差し込むやさしい光に気が付く瞬間。
じっくりとハンドドリップで入れる、その日の気分で選んだコーヒーから漂う、
芳ばしい香りを嗅いだ瞬間。

愛着のあるモノと過ごす、何気ない毎日の瞬間は、ありのままで感じることができる、
ここちよい充足感を与えてくれます。
毎日の生活に、少しだけ上質な時間をプレゼントしてくれるのです。

丁寧に作られたフレシャス・スラット

フレシャス・スラットのウォーターサーバー作りの基本は、
「シンプルであり、生活にそっと寄り添うものであること」。
シンプルであるということは、「美しく」かつ「機能的(便利)」でなくてはいけません。
不要な装飾やストレスを感じるものをなくし、見て、触って、使って、
五感で「ここちよく」感じてもらえるものであるべきと考えました。

インテリアや器とも調和すること。お水を注ぐということ。お水の取り替えをするということ。きれいなお水を常にキープしておくこと

それは、決して期待を上回って主張するのではなく、
ふとした瞬間に「あぁ、いてくれて良かった」と感じてもらえるということです。

使用する人にストレスを感じさせることなく、その人の生活に寄り添うこと。
フレシャス・スラットは、ひとつひとつ丁寧に考え抜いて作られたウォーターサーバーなのです。

フレシャス・スラットのおすすめポイント

日本の居住空間の中に溶け込み、やさしく佇むようなフォルム。
落ち着いたマットな質感に、部屋の周囲を写す鏡面仕上げの横面の美しいコントラスト。
「水を注ぐ」という毎日の作業のために計算された、屈まずに注げる給水口の高さ。
従来の冷水・温水に加えて、からだにもやさしい常温水。
ストレスを感じやすい水ボトル交換は、取替えのしやすい床面近くに。
上面に配置されたボタンは、コンマ1mm単位で調整。
ボタンの配置や大きさのこだわり、その押し心地。

お申し込みはこちら
PAGE TOP